COVID-19会社情報

ウランバートル⇄成田便を4月30日まで欠航

By 2020年3月25日4月 9th, 2020No Comments

モンゴル政府の国家非常実態特別委員会で航空会社MIAT空港はのウランバートルー成田ーウランバートル便を4月30日に欠航することになった。

新型肺炎パンデミックの影響で、モンゴル政府の対策が引き続き強化している。

今までは日本行き航空便を2月28日まで中止したところが3月28日まで延期していたが

アメリカ、欧州に拡大していることを懸念し、国内全ての航空便を4月30日までに延期した。

通常ダイヤ:

OM502 東京/成田(15:30)〜ウランバートル(20:25)/月・水・金・土
OM501 ウランバートル(08:55)〜東京/成田(14:30)/月・水・金・土

その他、モンゴル国内全学校も4月30日まで休校する対策を打ち、テレビやオンラインで授業を提供している。

感染者防ぐ対策開始からほぼ3ヶ月経つが、モンゴル経済や国民の生活に大きな影響を与えている。

今後はどのような経済対策で、国民の生活を維持するか課題となる。