着物の生地でつくるモンゴルの民族衣装”デール”が、今、現地で注目されています。

 

モンゴルの首都、ウランバートルでは着物の生地や帯を販売する専門店がオープン。

その場で採寸して、オーダーメイドの1着を仕立ててくれます。

この”着物デール”は、モンゴルで開催されたジャパンフェスティバルでのショーや、著名人が着用したことから人気に火がつきました。

使われているのは、日本で買い取られた古着の着物です。

 

年間で100万点以上もの着物が買取市場に流れてきているが、その中には変色して黄ばんだり、丈が短かったりと買い取った着物の3割程が再販が難しい状態だという。

そういった着物をモンゴルへ輸出し民族衣装にリメイク。

着物の和柄や絹素材が、親日国のモンゴルでは人気が出ました。

 

去年からモンゴルのある大学のデザイン科では、着物をデールに仕立てる授業も開設。

 

デールにリメイクする過程でできた着物の切れ端は、その後、小物やはぎれに作り替えられ。日本へ逆輸入する試みも行っており、両国で新しいニーズを生みながら100%リユースが実現されている。