訪中したモンゴル大統領、帰国後 14日間病院で隔離に

モンゴル政府は、日帰りで中国・北京を訪問したバトトルガ大統領が、モンゴル帰国後、病院での14日間の隔離措置となったことを明らかにしました。

ロイター通信によりますと、27日、中国・北京からモンゴルに帰国直後、病院に隔離されたのは、バトトルガ大統領と中国訪問に同行したツォグトバータル外相や高官らです。モンゴルは、新型コロナウイルスの感染防止のため、中国からの入国者を全て隔離する措置を取っています。

中国外務省によりますと、バトトルガ大統領は27日に中国を訪れ、支援物資として羊3万匹の寄贈証を渡したということです。これについて、習近平国家主席は「新型コロナウイルスによる肺炎の発生後、初めて訪問した外国の首脳だ」「称賛に値する」と謝意を伝えていました。