Skip to main content
モンゴル豆知識
2020年3月2日

モンゴル冬のお祭り

「アイス・フェスティバル」 ウランバートル市から片道910キロ離れている、フブスグル湖に行われる冬の最大祭り「アイス・フェスティバル」。冬季の観光地の促進と拡大、フブスグル湖の観光保護、冬季に県民の収入を確保するために開催されてきた。 毎年にフブスグル湖に開催されるイベントにモンゴル人だげではなく外国人に人気を集めてきている。 この湖で氷祭りトスケート競技大会が行われ、 馬ゾリレース大会や氷上モンゴル相撲、2日間に渡って繰り広げられる100キロスケートマラソンなどイベントは盛りだくさん。 ゲルをはじめ、家具や食器まで氷で作られたアイスバーに様々な動物ぞり、トナカイのレースやモンゴルならではの民族舞踊にコンサート、氷上の相撲大会やシャーマンの儀式など氷上で行われる数々のイベントを楽しめる。この祭りに参加すれば、もう一つの違う冬の景色を味わえるフブスグル湖、トナカイを飼うツァータン族、遊牧民生活、乗馬、トナカイに乗る、モンゴルの民族・歴史・文化・習慣を体験できる。   http://khovsgol.gov.mn/   「イーグル・フェスティバル」 バヤンウルギー県は古くから鷲狩が盛んな地域である。 この地域の住民カザフフェステバルはカザフ民族の伝統祭りであり、毎年にバヤンウルギー県で行われてきたが、4年間前から初めてこのお祭りをウラーンバートル近郊で行るようになった。 これはウランバートルの住民や観光客にカザフ民族の伝統的な祭りを通してカザフ族の伝統と文化を紹介 するためである。この祭りでは、きつねなどの小さい動物を鷹に捕まえさせたり、馬術ショーなどを開かれる。カザフ民族は一番きれいで強い鷲を持っている人は 一番カッコいいといわれているため、鷹匠の競技が大きな祭りとなっている。 鷹匠は鷹を使って狩りをする人々のことで、鷹と匠との連携を試される競技である。 この祭りに、山の上まで鷲が連れて行かれ、鷲匠は山の下から自分の鷲を呼ぶ。呼ばれた鷲は鷲匠をめがけて山から舞い降りてくる。最初に腕に鷲が戻ってきた鷲匠が勝ちである。舞い降りてくる鷲の姿は狩りをする姿がとってもカッコイイため、海外の観光客に人気を集めてきている。 http://www.bayan-olgii.gov.mn 「1000頭のラクダ祭り」 モンゴルの南に広がる広大なゴビ砂漠に行われたラクダ祭りは1997年からラクダの頭数を増やすために行われてきて、モンゴルの冬の大きな祭りの一つになった。 ラクダ祭りはラクダの数を増やす、保護、ラクダの乳や毛などで作る製品を増やことが目的である。ま た、冬の観光を発展させ、現地の遊牧民たちの生活をささえることもひとつ。 毎年ラクダの頭数が減っているので自然環境の変化もその理由のひとつなのだ。 昔は遊牧民たちはラクダで移動していたが、最近は車などの機械をよく使うようになった。冬にラクダを食料品として使う遊牧民も増えてきた。 もともと は、減少するらくだの保護の為に行われた祭典で、「らくだの為の祭典」を一目見ようと、国内外問わず訪問者が年々増加している。お祭りの他にも南ゴビの観光もできる。ゴビ砂漠の人々と関わりの深いラクダで競うラクダレースやラクダのポロなど 競技の数々の観戦を楽しめる。 http://www.omnogovi.gov.mn/v1/14303.shtml-sel=465.htm  
モンゴル豆知識日本生活
2020年3月2日

訪中したモンゴル大統領、帰国後14日間病院で隔離

訪中したモンゴル大統領、帰国後 14日間病院で隔離に モンゴル政府は、日帰りで中国・北京を訪問したバトトルガ大統領が、モンゴル帰国後、病院での14日間の隔離措置となったことを明らかにしました。 ロイター通信によりますと、27日、中国・北京からモンゴルに帰国直後、病院に隔離されたのは、バトトルガ大統領と中国訪問に同行したツォグトバータル外相や高官らです。モンゴルは、新型コロナウイルスの感染防止のため、中国からの入国者を全て隔離する措置を取っています。 中国外務省によりますと、バトトルガ大統領は27日に中国を訪れ、支援物資として羊3万匹の寄贈証を渡したということです。これについて、習近平国家主席は「新型コロナウイルスによる肺炎の発生後、初めて訪問した外国の首脳だ」「称賛に値する」と謝意を伝えていました。  
COVID-19モンゴル豆知識日本生活
2020年3月2日

モンゴルの新型コロナウィルスについての現状

「感染ゼロ」経済ダメージ覚悟の対策 モンゴル国営テレビなどによると、同国は今月初めから中国人の入国禁止や、中国との間での旅客機の運航停止などを次々に実施。 トラックの運転手が感染して戻ってくる恐れがあるとして、3月2日まで中国への石炭の輸出禁止にも踏み切っている。 モンゴルにとって中国は最大の貿易相手国で、石炭は輸出総額のほぼ半分を占める主力品。大きな経済的な損失も覚悟した措置だ。   そして、モンゴル政府は日本などのコロナウイルス感染国からの渡航者の入国を、2月28日から当面の間制限する。 2月26日に開かれた、国家非常事態特別委員会で決定した。 在モンゴル日本国大使館によると、過去14日以内に日本・韓国・イタリアに滞在歴がある外国人や無国籍者の入国を禁止し、査証申請・発給を停止する。この3ヶ国の通過歴のみがある外国人と無国籍者の入国は許可する。 すでに2月14日から3月19日まで、中国との陸路と空路の国境地点での出入国を禁止しているほか、中国本土・香港・マカオ・台湾に14日以内に滞在もしくは通過した外国人と無国籍者の入国を禁止し、査証申請・発給を停止している。 モンゴルの国家非常事態特別委員会では、新型コロナウイルス感染症対策のため、日本発着便の一時欠航措置を決定し、MIATモンゴル航空は、東京/成田〜ウランバートル線を2月28日から3月11日まで欠航する。
モンゴル豆知識会社情報
2020年2月21日

モンゴルの旧正月

モンゴルのお正月は旧正月で、ツァガンサル『白い月』と呼ばれます。 旧暦に従って決められるので日取りは毎年変わります。今年2020年は2月23日が元旦です。 ※しかし今年は新型コロナウイルス対策として、モンゴル全国的に3月末まで公的機関が休業となり、公式なツァガーンサルの式典等は中止となりました。 モンゴル国内で感染したケースは確認されていないものの、中国と国境を接していることもあり、政府は高い危機意識のもと様々な措置を講じています。 ツァガンサル(白い月)の白はモンゴルでは純粋さを表現し、モンゴル人が尊ぶ乳の色でもあります。お正月は何も悪いことがない真っ白な月という意味でございます。 昔、ツァガンサルは家族、親戚などが集まりごちそうを囲みながら、厳しい冬を乗り越えて春を迎える事に喜び、一年間の幸せを祈る祝い日でした。 現在、今までの父母、祖父母など血統を大事に考える方も増えて、特に自分のル―ツについて興味が湧いて旧正月を通じて家系や子孫について全容を知りたいという意味でより広く祝いするようになっています。 モンゴルの大晦日 日本の大晦日にあたる日は「ビトゥーン」とよばれ「閉じる」などの意味があります。大晦日は家族が集まりお腹いっぱい食べます。小麦粉の皮で肉を閉じたボーズを食べるのも、幸せを包み込むという縁起かつぎから。この日の夜から、ボーズ責めの日々がはじまります。 この大行事に備え、1ヶ月も前から準備を始める家庭がほとんどあります ツァガンサルはモンゴルのお祝いのごちそうでいっぱいです。 ツァガンサルの重要な料理ボーズ(モンゴル蒸し餃子)は皮から作って肉を包み、外で凍らせていきます。一家庭で千個くらいを家族総出で作り準備します。その他、ごちそうの準備、買い物、大掃除など一年で一番大切な日を迎える準備は続きます。 元旦には日の出前に起き、きれいな服に着替え、それぞれの幸運の方向に歩き、功徳の方向から戻ります。この後、大地にミルクを捧げ、日の出とともに家族と挨拶を交わします。家族との挨拶が終わると知人、友人、親戚とのあいさつに1日何軒もまわります。自分の家に挨拶に来た訪問客をもてなすのも大切な仕事です。家の中は一年で一番大切な日を祝う、それは賑やかで幸せに満ちた空間ができあがります。 あいさつ ツァガンサルは仏教に従った行事で、ごちそうを口にする順番から挨拶のしかたまで、決まり事が多いです。家に入り、家の年長者が上座に座ります。年長者から順番に挨拶を始めます。 決まり挨拶の言葉として「アマルサインバイノー」と言いながら、手のひらを上に向けて年長者の腕の下に差し入れます。 (ひょっとしたら軽くキスされることもあります) 年少者の場合は自分の腕が上に来るようにします。同じ位 の年の人には同等ということで、左右の腕が互い違いになるようにします。 日本の正月の『あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願い致します』と同じ感覚でございます。挨拶を終わったらご馳走に手をつけます。 ※あいさつの時にハタグ(青布)を持っているとなお良しです。 あいさつのタブー 夫婦間ではあいさつを交わしません。 妊娠している女性同士はあいさつをしません。性別が変わる恐れがあると意味があります。 あいさつの時は帽子をかぶります。 袖をまくったままあいさつをしてはいけません。袖をまくったら悪気を持っている意味があります。 ツァガンサルが終わるとモンゴルには春が訪れ、季節の挨拶も「良い冬を」から「良い春を迎えていますか」に変わります。  
モンゴル豆知識
2020年2月19日

モンゴルの観光スポット

フブスグル湖 フブスグルはフブスグル県の北部にあります。 フブスグル湖はモンゴルの一番綺麗で、深い湖でございます。最大水深267メートルで、アジアの淡水湖では有数の水量を誇り、モンゴルの淡水の70%、全世界の淡水の0.4%はここにあります。 フブスグル湖の集水面積は比較的小さく、流れ込む川は大小96本あるが比較的少ないうえに短いでございます。 テルヒーン・ツァガーン湖 モンゴル国中央部のハンガイ山脈中にある湖。 「ツァガーン」はモンゴル語で「白」を意味し、欧米では「ホワイトレイク」としても知られています。 ハンガイ山脈を源流とする流れが溶岩にふさがれてできた湖で、周囲の火山とともに国の保護地に指定されています。 面積: 61 km² 平均水深: 20 メートル 水面標高: 2,060 メートル 最大長: 16 km 世界遺産として認定: 1998年7月6日 ホルゴ モンゴルのアルハンガイ県のTariat地区にあるTaryatu-Chulutu火山地帯の火山です。 テルヒーン・ツァガーン湖の東にあり、一緒になって、ホルゴ・テルヒーン・ツァガーン湖国立公園の中核となっています。 マンダル砂漠とBOLOR TOLGOI という岩山 ドンドゴビ県は、モンゴル国の県の一つ。県庁地はマンダルゴビでございます。 大人気スポットとして砂漠とBOLOR TOLGOI という岩山があります。岩山は2種類の宝石で構成された宝山でございます。頂上からモンゴルの大自然を楽しめる景色が豊かなところでございます。 ヒャルガス湖は モンゴル西部のウブス県のウラーンゴム市から220キロのところに位置しています。 ヒャルガス湖の長さは75キロで、幅は31キロ、標高1028メートルにある塩湖です。大湖流域での最も深い湖の一つで、一番深いところは80メートルです。ヒャルガス湖の周辺の景色は砂漠や草原で、湖の近くに「ハル・テルミス」の泉があります。この泉の水は内臓に効果があり、多くのモンゴル人はこの泉の水を飲みに来ます。ここに「ヘツー・ハッド」という風光明媚なところがあり、ここに来ると、湖の波が強くて、モンゴルにある海のビーチリゾートに来たような気がします。 ウヴス湖 モンゴル国最大の湖。日本ではウヴス湖とも表記されます。 海抜759 メートル、面積3,350 km²。その北東部は、ロシア連邦のトゥヴァ共和国に含まれます。湖岸の最大の集落は、オブス県の県庁所在地オラーンゴムであります。この塩分の濃い浅い湖は、かつて数千年前にこの一帯にも海が広がっていたときの名残でございます。 面積: 3,350 km…
留学生推移
モンゴル豆知識日本生活
2020年2月12日

【2018年】モンゴル人の留学生数3124人と11位になる

平成30年にモンゴル人の留学生数3124人と11位になった。 日本語と日本の生活に興味を持つ留学数は年々に増加している。 1980年からモンゴルから留学生を受け入れ始め以降40周年なり、 現在、モンゴル人の留学数は全国の中で11位となり、3124人になっている。 平成30年に世界中から日本に留学する地域分別にするばアジア地域が最も多い。 留学生数が最も多い国は中国とベトナムで、この2カ国の留学生を合わせると全留学生に占める割合は62.6%になっている。 地域名 留学生数 構成比 アジア 279,250人 93.40% (249,242) (93) 欧州 10,115人 3.40% (8,669) (3) 北米 3,415人 1.10% (3,182) (1) アフリカ 2,380人 0.80% (2,230) (1) 中南米…