Skip to main content
モンゴルニュース

エネルギー業界の注目ポイント:モンゴルとフランスが17億ドルのウラン採掘契約を締結

By 2023年10月20日No Comments

モンゴルとフランスが未来のエネルギー供給に関する重要な一歩を踏み出しました。大統領のパリ訪問中に、両国は17億ドルのウラン採掘協定に署名しました。この契約は、エネルギー業界における新たな展望をもたらすもので、その背後には多くの意味が隠れています。今回は、なぜモンゴルとフランスがこの契約を締結し、その内容、そして将来の展望について詳しく探ってみましょう。 ウランの需要と価格上昇: ウランは、原子力発電所の燃料として不可欠な要素です。アメリカ、フランス、中国などの国々が大規模な原子力発電所を運用しており、ウランの需要は増加しています。過去5年間で、ウラン価格は2.6倍に上昇し、1ポンドあたり69ドルに達しました。この価格上昇は、エネルギー供給における安定性を脅かす要因となっています。そのため、フランスはエネルギーを生産するために、ウラン供給源を確保する必要がありました。

契約の内容: モンゴルとフランスの契約によれば、フランスのOrano社がモンゴルのゴビ山脈にあるZöovch-Ovoo鉱山でウラン採掘を行います。来年には礎石を据え、2028年に本格的な採掘作業を開始する予定です。このプロジェクトは長期にわたり、47年間に及びます。採掘には準備、生産、回収の3つの段階が含まれ、モンゴルは最大19%の収益を得ることができます。ただし、ウラン価格に応じて収益が変動するため、今後のウラン市場の動向が注目されます。

将来の展望: このウラン採掘契約により、モンゴルはウラン供給国としての地位を確立し、経済的な機会を提供します。一方、フランスはウラン供給の安定性を確保し、原子力発電所の運用に必要な燃料を確保します。しかし、プロジェクトの成功には多くの要因が影響し、将来の選挙や国際的な市場動向にも注意が必要です。   この契約は、未来のエネルギー供給における興味深い展望を提供しており、エネルギー業界と国際協力において注目すべき出来事となっています。今後の進展に注目し、エネルギーの持続可能性に貢献するこの重要な一歩を見守りましょう。 https://lemonpress.mn/post/pP2XzcCvI0A  

株式会社BRAIST

〜外国人採用を検討中の企業様、特にモンゴル人材採用に関心がある企業様へ、ぜひお問合せください~