Skip to main content
モンゴルニュース

モンゴルの持続可能な挑戦:サルヒト風力発電所の展望と成果

By 2023年10月23日No Comments

長年にわたり、モンゴルはエネルギー需要の大部分を隣国ロシアとの電力共有に依存してきました。地理的、政治的な状況がこの内陸国をエネルギー輸入に頼る状態に置いたのです。しかし、この国は現在、独自の再生可能エネルギー資源を開発し、エネルギー安全保障を強化する道を切り開いています。サルヒト風力発電所は、モンゴルがどのようにして環境持続可能性とエネルギー自給への道を模索しているかを示す象徴的なプロジェクトの一つです。

【サルヒト風力発電所】via cleanenergy.mn

 

再生可能エネルギーへの確固たるコミットメント

モンゴル政府は、国の総エネルギー供給の30%を再生可能エネルギーソースから得るという目標を掲げています。これは、石炭燃料への依存を減らし、エネルギー安全保障を強化し、環境への影響を軽減するためのものです。実際、既に国のエネルギーの約20%が太陽光と風力から得られています。

サルヒト風力発電所:技術とイノベーションの交差点

ウランバートルから70kmの地点に位置するサルヒト風力発電所は、再生可能エネルギーへの国の取り組みを象徴しています。この施設は、31基の風力タービンが稼働し、各タービンは高さ80メートル、重さ125トンで、1.6MWの電力を生成します。この先進的な技術は、持続可能なエネルギー源への移行が可能であることを示しています。

環境的なインパクトの測定

サルヒト風力発電所は、ただ電力を生み出すだけでなく、重要な環境上の利点ももたらしています。具体的には、年間で12万2000トンの石炭消費と106トンの水使用を削減し、160キロワット以上の電力を提供しています。さらに、この施設は温室効果ガスの排出を大幅に削減し、気候変動への対策に貢献します。

未来への道:拡張と可能性

エネルギー専門家や技術者は、サルヒトプロジェクトが成功していることから、高い評価を受けています。これは、モンゴルが再生可能エネルギーの分野でのリーダーシップを固め、持続可能な開発と地球の健康に対するコミットメントを示すものです。

総括すると、サルヒト風力発電所とモンゴルの再生可能エネルギーへの取り組みは、地球の持続可能な未来への深いコミットメントを示しています。このプロジェクトは、エネルギーの自給自足、環境保護、そして経済発展を可能にする革新的な道を切り開いており、他の国々にとっても模範となるでしょう。モンゴルのこの野心的な旅路は、世界中の持続可能な開発の努力において、重要な一歩となることは間違いありません。

ちなみに、日本の風力発電の現在の累積導入量は458万kw、2574基(2021年12月末時点)です。これは日本の発電エネルギー全体の中で1%程度です。

https://montsame.mn/jp/read/328845

株式会社BRAIST

〜外国人採用を検討中の企業様、特にモンゴル人材採用に関心がある企業様へ、ぜひお問合せください~